吉野山ロープウェイ(通称:吉野山ケーブル)とは?

「吉野大峯ケーブル自動車株式会社」の運営によるロープウェイ。
近鉄吉野駅の近くに千本口駅と言う乗り場があり、山上の吉野山駅までを結ぶ。この間の距離は約300メートルで高低差は約70メートル。
春は真横に七曲り坂の桜を見ることが出来る他、夏はアジサイ祭りの様子も見渡せる。 現存するロープウェイとしては日本最古であり、2012年には日本機械学会により「機械遺産」に登録され各メディアで話題となった。


ロープウェイ詳細データ(2020年6月現在)

所在地 〒639-3115  奈良県吉野郡吉野町大字吉野山79
所属事業者 吉野大峯ケーブル自動車株式会社(会社HPに移動します。)
開業年 1929年(昭和4年)
運賃 大人片道450円(往復800円)、小人片道230円(往復400円)
運営日/時間 現在は金・土・日・月のみの運行(火・水・木は代行バスあり) / 
「千本口駅」始発 9:20→最終 17:20。15分ごとの運行。(桜シーズンは7時台~19時台迄運行予定)
乗車定員 28名
動画 ロープウェイとモミジの紅葉(2012年撮影)
その他 ロープウェイ下車後、山頂(奥千本)行きの有料バスあり。(観桜期を除く)
位置情報


■吉野山ロープウェイ・その他の写真
春の様子
新緑の様子01
新緑の様子02
秋の様子

←TOPページに戻る
Copyright (C) 2008 hanayama.yamamoto All Rights Reserved.

〒639-3115 奈良県吉野郡吉野町吉野山3101-1