吉野山桜スポットのご紹介

⑤金峯山寺・蔵王堂の四本桜/仁王門



当サイトは「お土産お食事処:花山 山本」が運営しています。

①金峯山寺蔵王堂に咲く四本桜
①金峯山寺蔵王堂に咲く四本桜
②金峯山寺蔵王堂に咲く四本桜
②金峯山寺蔵王堂に咲く四本桜
③仁王門と桜
③仁王門と桜

このスポットのその他の写真

④仁王像と桜 ⑤金峯山寺蔵王堂 蔵王堂で行なわれる「千本づき」

このスポットの動画


このスポットの詳細情報

解説 「金峯山寺・蔵王堂」は吉野山のシンボル的存在であり世界遺産にも登録された必見スポットです。春になると境内では「四本桜」と呼ばれる桜が綺麗に花を咲かせます。 蔵王堂は、修験道と呼ばれる山岳宗教の総本山であり、木造建築として日本で二番目の大きさ。
また、蔵王堂の北側には世界遺産・仁王門もあり、堂々と佇む門が花見客を迎えます。毎年4月10日には「千本づき」と言う餅つき行事も行なわれます。詳しくはイベント情報をどうぞ。
桜の見頃 概ね4月7日前後。
拝観時間/拝観料 境内は24時間立ち入り可能。本堂は7:00~16:30/本堂内見学は400円
標高 約350m
所在地 〒639-3115 奈良県吉野郡吉野町吉野山2498
Googleマップで位置情報を確認
アクセス&地図 ■吉野山の玄関口下千本駐車場から徒歩約15分(距離:1Km)。
■吉野山の最寄り駅近鉄吉野駅からは徒歩約30分(距離:2.1km)。

桜見所マップはこちら

吉野山の桜豆知識⑤

吉野山では桜が1300年前からご神木として崇められています。これは、修験道の開祖である役行者が桜の木に蔵王権現の姿を彫ったと言う伝説に因んでます。蔵王権現の詳細についてはこちらをどうぞ。