お役立ち情報

吉野山・観桜期に関する良くある質問FAQ

  1. 桜の見頃はいつですか?
  2. 早咲きや遅咲き品種の桜もあると聞いたのですが。
  3. 桜の開花状況を知りたいのですが、どうすれば良いですか?
  4. 桜のお勧めスポットを教えてください!
  5. 吉野山で世界遺産登録されている場所はどこですか?
  6. 桜のライトアップの時間や場所を教えて下さい。
  7. マイカーで吉野山へ行く予定です。駐車場の場所や料金を教えて下さい。
  8. 観光バスで下千本駐車場を利用する場合要予約と聞きました。予約方法や駐車料金を教えて下さい。
  9. 下千本駐車場以外にも駐車する場所はありますか?
  10. 電車で吉野山に行く予定ですが、最寄り駅や各都市からの時間を教えて下さい。
  11. タクシーを使って吉野山を巡りたいのですが。
  12. なるべく混雑を避けて花見をしたいのですが、どうすれば良いですか?
  13. マイカー入山規制の日があると聞きました。それはいつですか?
  14. 歩行者天国が実施される区間や時間帯を教えて下さい。
  15. 歩行者天国の区間を避けてマイカーで山頂を目指せる迂回路があると聞いたのですが。
  16. 近鉄吉野駅近くから、ロープウェイが出ていると聞きました。運行時間や料金を教えて下さい。
  17. 近鉄吉野駅から、中千本(中腹)行きの臨時バスが出ていると聞いたのですが。
  18. 奥千本(山頂)行きのマイクロバスについて運行時間や料金を教えてください。
  19. 吉野山では桜シーズンに何かイベントはありますか?
  20. ゴールデンウィーク中は混雑しますか?この時期に桜は観れますか?

桜の見頃はいつですか?

A. 吉野山には日本一の本数を誇る約3万本の桜が植えられていますが、その多くがヤマザクラと言う品種です。この桜の見頃は
下千本エリアで概ね4月6日~10日。
中千本エリアで概ね4月8日~12日。
上千本エリア概ね4月10日~15日。
奥千本エリアで概ね4月15日~20日。
…とお考え下さい。

このように吉野山の桜は標高の低い下千本エリアから咲き始め、標高の高い上千本や奥千本は桜の開花が遅れます。標高の違いによる気温差がある事によって、吉野山では比較的長い間お花見を楽しめるのも特徴の一つです。

早咲きや遅咲き品種の桜もあると聞いたのですが。

A. 吉野山にはメインとなるヤマザクラ以外にも数百種類の桜が存在します。例えばシダレザクラは開花の時期がヤマザクラよりも一週間は早い為三月の終わり~四月初頭頃には見頃を迎える事が多いです。(シダレザクラの主なスポットは嵐山や、東南院、如意輪寺、竹林院など。詳しくは桜の見所ページに掲載。)
その他、吉野山には遅咲き種の八重桜や戸開け桜なども植えられていますので、ヤマザクラが散った後でも4月中ならどこかしらで桜を楽しむ事が出来ます。

桜の開花状況を知りたいのですが、どうすれば良いですか?

A. 桜の開花状況についてはこちらの開花情報ページで随時配信いたしますのでご参考にして下さい。

桜のお勧めスポットを教えてください!

A. 桜の見所は吉野山・桜の見所完全ガイドにて詳しく紹介していますが、特にお勧めの箇所は…

下千本エリアでは「お野立ち跡」から観る七曲り坂の桜。
中千本エリアでは、世界遺産吉水神社から観る「一目千本」の桜。
上千本エリアでは花矢倉展望台周辺から観る桜。
奥千本エリアでは、西行庵周辺の桜。…と言った所です。

尚、吉野山では竹林院・如意輪寺の庭園を除き、殆どの桜スポットが入場無料です!

吉野山で世界遺産登録されている場所はどこですか?

A. 吉野山では2004年7月、5つの建築物がユネスコ世界文化遺産に登録されました。それぞれ以下の通りです。

■下千本エリア…①仁王門 ②金峯山寺蔵王堂
■中千本エリア…③吉水神社
■奥千本エリア…④水分神社⑤金峯神社

桜のライトアップの時間や場所を教えて下さい。

A. 下千本エリアの「七曲り坂」と中千本エリアの「ごろべえ茶屋」、上千本の「竹林院」付近でライトアップが行われます。
詳しい場所は桜の見所完全ガイドに掲載している桜マップをどうぞ。
開催期間は桜が開花してから散るまでの間。ライトアップ 時間は18:00~22:00です。

マイカーで吉野山へ行く予定です。駐車場の場所や料金を教えて下さい。

A. マイカーで吉野山へお越しになる方の多くは玄関口にある下千本駐車場に駐車されます。
この駐車場は吉野山で最も広大な駐車場であり、徒歩約15分以内には世界遺産・蔵王堂を始め多くの名所が点在しているからです。

下千本駐車場の場所やルートについてはGoogleルート案内をご利用下さい。
駐車料金はマイカーで1,500円。一度駐車料金を支払えば、原則24時間駐車可能。夜間も出入り口は完全封鎖されないので安心です。(駐車場は観桜期(三月終盤~GW)のみ有料です。)

※駐車料金は吉野山の桜保全や、公共施設の建設など有効に利用されます。

※4月の第1第2土日など混雑が予想される週末はマイカー入山規制が実施され下千本駐車場に駐車出来ない場合があります。詳しくは吉野山交通規制マップをご覧下さい 。

観光バスで下千本駐車場を利用する場合要予約と聞きました。予約方法や駐車料金を教えて下さい。

A. 下千本駐車場は吉野山で最も広大な駐車場であり、観光バスでお越しになる場合も大変便利な場所です。 普段は終日無料ですが、観桜期のみ事前の予約と駐車料金が必要となります。 駐車をご希望の方は「吉野山観光駐車場予約センター」(℡ 050‐3786‐4100)までどうぞ。

尚、観光バスの駐車料金は10,000円(土日は15,000円)とかなり高額ですが、皆様から頂いた駐車料金は桜の保全や、公共施設の建設など有効に利用されますのでどうかご理解・ご協力の程お願いします。

下千本駐車場以外にも駐車する場所はありますか?

A. はい。吉野山では観桜期限定で臨時の有料駐車場が各所で営業しています。また、通年利用できる駐車スペースとして各寺社や店舗が所有する駐車場の他、高城山展望台花矢倉展望台のように駐車場が隣接している桜スポットもあります。(このような場所は無料が多いです)。
ただし、いずれも下千本駐車場程のスペースがなく、場所によっては数台の駐車スペースしかありませんので満開時には「せっかく車で行ったけど止められなかった」と言う事が珍しくありません。ですので、なるべく早目に駐車される事をお勧めします。

※駐車場の位置など詳しくは吉野山交通マップをご覧ください。

電車で吉野山に行く予定ですが、最寄り駅や各都市からの時間を教えて下さい。

A. 最寄り駅は近鉄吉野駅です。各都市からの所要時間は以下の通りです。

■東京駅からは新幹線を利用して約4時間10分。
■近鉄名古屋駅から特急で約2時間50分。
■京都駅から特急で約1時間40分。
■大阪・阿部野橋駅からは特急で約1時間15分。
■博多駅からは新幹線を利用して約4時間40分。

吉野駅までの詳細なルートはGoogleルート案内をご利用下さい。

タクシーで吉野山を巡りたいのですが。

A. 足の具合が悪い方や、体調に不安のある方はタクシーでの吉野山巡りをおススメします。当然、歩行者天国実施中はその区間を走行出来ませんので、迂回路である観光車道を通ることになります。 詳しくは「奈良近鉄タクシー株式会社」にご相談ください。

なるべく混雑を避けて花見をしたいのですが、どうすれば良いですか?

A. 混雑を避ける方法としましては「土日を避ける」「込み合う時間帯(10時~16時)を避ける」事がポイントとなります。
もし可能であれば朝の5~6時頃に吉野山へお越しになるのが一番お勧めです。
この時間帯ですと満開時でも人はまばら。ゆっくり落ち着いて散策できるのは勿論の事、吉野山の殆どを占めるヤマザクラは、早朝の柔らかな光の下で観るのが一番キレイなのです。
また早朝は歩行者天国も実施されていませんので、吉野山の全ての道路を車で走行可能。 どうしても早朝に来られない方は、概ね16時以降から散策を始めるのがおススメです。

マイカー入山規制の日があると聞きました。それはいつですか?

A. 4月の第1第2土日など大きな混雑が予想される週末はマイカー入山規制が実施される場合があります。
その為、マイカーでお越しの方は吉野山ふもとにある郊外駐車場(吉野小学校吉野高校付近の二箇所。駐車料金:1500円)に止める事になりますが、無料のシャトルバスが常時運行しており、吉野山の玄関口下千本駐車場まで運んでくれるので安心です。
郊外駐車場位置 シャトルバスの運行時間は郊外駐車場発8時~下千本駐車場発最終17時30分です。(2015年時点)

歩行者天国が実施される区間や時間帯を教えて下さい。

A. 普段の吉野山は全道路を車で通行可能ですが、観桜期は花見のお客様で大混雑になる為、メインとなる道路が歩行者天国になります。
歩行者天国となる区間は下千本駐車場から勝手神社までの約2km間。(詳しくは吉野山交通マップを参照。)
歩行者天国が実施される時間は、早ければ午前9時から。解除されるのは17~18時頃が多いです。
ただし、満開期など混雑の激しい日は20時頃まで歩行者天国が解除されない場合も稀にありますし、逆に混雑の少ない日は歩行者天国自体が実施されない場合もあります。
(吉野山での観桜期とは、3月の最終土日からゴールデンウィーク終了までの期間を指します。)

歩行者天国の区間を避けてマイカーで山頂を目指せる迂回路があると聞いたのですが。

A. 吉野山東側を通る観光車道を通れば、歩行者天国実施中でも上千本エリア奥千本エリアなどの山頂方面に直接車で行く事が出来ます。ただし、見頃の時期ですとかなりの渋滞になる場合がありますので、混み合う時間帯(10時~16時)頃を避けられたほうが無難です。観光車道の位置など詳しくは吉野山交通マップを参照してください。
※4月の第1・第2土日は混雑状態によって観光車道の一部区間が通行止めになる場合があります。その場合は近隣の有料駐車場に車を置いて散策する事になります。

近鉄吉野駅近くから、ロープウェイが出ていると聞きました。運行時間や料金を教えて下さい。

A. 吉野駅近くから出ている吉野山ロープウェイ(通称:吉野山ケーブル)に乗ることで、途中の七曲坂をショートカットできます。 ロープウェイの運行時間は観桜期の場合7時40分から19時40分までで15分毎に運行。 料金は大人片道350円、往復600円。子供片道180円、往復300円となっています(2015年時点)。
ロープウェイ(ケーブル)の位置については吉野山交通マップをご参照ください。

※時間をもっと短縮して、一気に中千本(中腹)方面へ行かれたい方は、次項記載の臨時バスをご利用ください。

近鉄吉野駅から、中千本(中腹)行きの臨時バスが出ていると聞いたのですが。

A. 吉野駅からは観桜期限定で中千本(中腹)方面へ走る臨時バスが随時運行しています。
バスは吉野山東側を通る迂回路「観光車道」を通り、中千本操車場までを結びます。(詳しくは吉野山交通マップを参照)
この間の所要時間は約15分。9:10頃~16:30頃随時運行。料金はおとな片道360円下車後は近くから出ている奥千本(山頂)行きのマイクロバスに乗り継ぐ事も可能です。詳しくは次項をご覧ください。

奥千本(山頂)行きのマイクロバスについて運行時間や料金を教えてください。

A. はい。前項で書きましたように、吉野駅から出ている臨時バスを下車後、竹林院前から奥千本(山頂)行きのマイクロバスに乗り継ぐ事が出来ます。(バス乗り場の位置等は吉野山交通マップ参照。)
所要時間は竹林院前→奥千本が約15分。料金は大人片道400円、小人200円。発車時刻は8時30分から14時30分までで、30分毎に運行しています。(2015年時点)
奥千本は桜の本数こそ少ないのですが、とても落ち着いた雰囲気で近年はパワースポットとしても人気のある場所です。

吉野山では桜シーズンに何かイベントはありますか?

A. はい、吉野山の3月、4月は様々なイベントが行われます。特にお勧めは、観桜期最大の行事「花供会式」です。この花供会式はご神木である桜の木を蔵王堂にお供えする伝統行事で、奴行列や山伏が吉野山を練り歩きます。
その他、「お田植え祭」や「桜のシンフォニーin蔵王堂」なども行われます。
吉野山春のイベントについての詳細はイベント情報のページをどうぞ。

ゴールデンウィーク中は混雑しますか?この時期に桜は観れますか?

A. GW中の吉野山は4月のような混雑は無く、毎年のんびりとした雰囲気です。
この季節になると新緑が大変美しく、のんびりと散策やピクニックをお楽しみ頂けます!
また、その年の気候によってはGW中に遅咲き種の桜を各所で観る事も出来ます。