奥千本とは?

【解説】
吉野山で最も山奥にあたるエリア。「おくせんぼん」と読む。標高は約600m~750m。
ひっそり静まる山奥の中には、義経の隠れ塔や西行庵など神秘的なスポットが点在。
世界遺産に登録された水分神社や金峰神社などもある。
桜の開花は、下千本の桜が散る頃に始まる。本数こそ他のエリアに比べずっと少ないが、山奥でひっそりに咲く桜は 格別の趣。
吉野山で一番落ち着いた雰囲気を持つ奥千本は、「パワースポット」と呼ぶに相応しい癒しの空間。

【奥千本の主な名所】
水分神社(世界遺産)
高城山展望台
金峰神社(世界遺産)
義経の隠れ塔
西行庵

【地図】
奥千本詳細マップ

【交通アクセス】
■お車の場合:吉野山の玄関口下千本駐車場に駐車後、奥千本入口まで徒歩約70分。
下千本駐車場から出ている有料のバスに乗って奥千本まで行く事も可能。ただし、このバスは観桜期に限り、上千本エリアからしか乗車出来ません。
水分神社や金峯神社近く、高城山展望台にも駐車場がありますが、スペースがそれほど広くなく観桜期や紅葉シーズンなどの混雑時は早くに満車になる場合あり。各駐車場の位置など詳しくは→奥千本詳細マップをどうぞ。

■電車の場合:近鉄吉野駅から奥千本の入口まで徒歩約80分。
途中で有料のバスに乗って奥千本まで行く事も可能。ただし、このバスは観桜期に限り、上千本エリアからしか乗車出来ません。
観桜期は吉野駅から中千本エリアまでの直通バスが臨時運行されます。下車後奥千本行きのバスに乗り継げば約30分で奥千本に行けます。但し混雑時は中々バスに乗車出来ず、歩いたほうが早い場合もあり。詳しくは→吉野山観桜期交通マップ




山奥にひっそりと咲く奥千本の桜


■奥千本・四季の写真
春の様子
青モミジと西行庵
秋の様子
冬の様子

【その他エリアの紹介&標高】
下千本(しもせんぼん)  標高約230m~350m
中千本(なかせんぼん)  標高約350m~370m
上千本(かみせんぼん)  標高約370m~600m
奥千本(おくせんぼん)  標高約600m~750m



←TOPページに戻る
Copyright (C) 2008 hanayama.yamamoto All Rights Reserved.

〒639-3115 奈良県吉野郡吉野町吉野山3101-1